カルシウムを摂り過ぎるとどんな影響がある?

日々の生活のなかでカルシウムの摂取で注意したいのは過剰ではなく不足です。

基本的に摂りすぎたカルシウムは排泄物となって排出されるが、サプリなどでの過剰摂取には気を付けたい

とくに現代の日本人はカルシウムが不足しやすい食環境にあるといわれており、食事はもちろん必要に応じてサプリメントも活用するなどしてうまく摂取していくことが求められています。

 

成長期の子供はもちろん、高齢者の骨粗しょう症対策においてもカルシウムの不足の解消は重要なテーマとなっています。

 

また、摂取されたカルシウムは腸内で必要な量を調節しながら吸収する分と排出される分が選択されます。

 

つまり過剰摂取になっても余分な分は尿などの排泄物となって排出されるのです。そのため基本的にカルシウムが過剰摂取になることは少ないのですが、ただいくつかの理由によって過剰摂取に陥るケースもあります。

 

たとえば手軽に有効成分を摂取できるサプリメントの場合はどうしても過剰摂取に陥りやすくなるので注意が必要です。

 

では万一カルシウムを摂りすぎてしまうとどのような影響が生じるのでしょうか?まず注意したいのはマグネシウムのとのバランスです。

カルシウムとマグネシウムの摂取バランスを崩すと、不調が現れることも

よくカルシウムとマグネシウムは一緒に摂取した方がよいといわれますが、その配合バランスは2:1が理想的とされています。

 

そのバランスをカルシウムばかりを摂取することで崩してしまうとめまいや心臓の不調といったトラブルが起こる可能性もあります。両方のバランスを意識して摂取するようにしましょう。

 

さらに血中のカルシウム濃度が上昇しすぎると高カルシウム症という状態に陥ります。

 

この症状は初期段階では少し日常生活で不調を感じる程度なのですが、進行していくことによってさまざまな症状が見られていきます。

 

まず初期段階では便秘や下痢。とくに理由もないのにいつもお腹の調子が悪いという方は腸の不調だけでなくカルシウムの過剰摂取も疑って見ましょう。

 

さらに食欲不振や口内の乾燥、味覚の変化など食生活と関わる症状も見られます。これがもう少し進行すると慢性的な頭痛や原因不明の吐き気が見られるようになります。

 

そこから深刻な状況になると筋肉や骨に痛みを感じる、激しい眠気や倦怠感、さらには感情の起伏が激しくなってうまくコントロールできないといった問題が生じます。不整脈のリスクが増大するのも気をつけたい点でしょう。

 

前半で触れたようにカルシウムが過剰状態に陥るケースは稀ですが、サプリメントに頼って摂取している人、原因不明の不調に悩まされている人はもしかしたら過剰による影響が現れている可能性もあるので自分のカルシウム摂取環境を見直してみるとよいでしょう。

コスメルジュ編集部が選んだカルシウムサプリ

人気のカルシウムサプリ

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

製薬会社だから配合できた希少成分!注目のMBPを牛乳4本分配合したサプリ
3500円・税別/定期初回1,000円(2回目以降10%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!
健康家族 食べる葉酸・カルシウム
カルシウムサプリ選び方健康家族

ヨーグルト風味で食べやすい!定着率・吸収率アップに優れたカルシウムサプリ
2,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ワダカル いちごカルシウム

ワダカル いちごカルシウム

お母さんに大好評!2粒で牛乳ビン1本分のカルシウムが摂取できるいちご味サプリ
1,296円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!