カルシウムと免疫力の関係-意外に知らないカルシウムの働き

現代人は免疫力の低下による病気のリスクを抱えやすい環境に晒されていると言われます。ストレスや食生活の乱れ、不規則な生活習慣などの問題を抱えやすいからです。

カルシウムが不足すると脳からの情報がうまく伝わらなくなることで自律神経のバランスが乱れやすくなる

カルシウムはそんな免疫力とも深く関わっているという意外な働きも持ち合わせています。

 

すぐにイライラする人や怒りっぽい人が「カルシウムが不足してるんじゃないの?」と指摘されることがありますが、これも免疫力と関わっています。

 

カルシウムは脳や神経の働きとも関わっており、神経細胞同士の情報伝達をスムーズに行うために重要な役割を担っているのです。

 

カルシウムが不足すると脳からの情報がうまく伝わらなくなることで自律神経のバランスが乱れやすくなるなど情緒面に影響を及ぼしてしまうことになります。

 

その結果ストレスを抱えやすくなったり、不眠症になりやすくなるなど免疫力の低下をもたらす状況を作り出してしまいます。

カルシウムの不足は精神状態だけでなく免疫細胞の働きそのものにも影響が

こうした情報伝達を担う働きは精神状態だけでなく免疫細胞の働きそのものにも大きな影響を及ぼします。

 

免疫力とはウイルスや細菌など体に害をもたらす可能性があるものに対して免疫力が防御するために機能する働きのことです。

 

つまり「これを防がないと健康を害する恐れがある」と判断した場合に撃退するために働くのが免疫細胞なのです。

 

健康な状態なら免疫細胞がしっかり機能して免疫力が働くわけですが、なんらかの原因でその働きが低下することで害をもたらす可能性がある異物をうまく排除できなくなり病気などにかかりやすくなるわけです。

 

そしてこの免疫細胞の働きに関してもカルシウムの神経伝達をスムーズにする役割が大きな意味を持っています。

 

異物と接触し、それが体に害をもたらしかねない、という情報がしっかりと伝達されないと免疫細胞がしっかり働かずうまく免疫力が機能しなくなってしまうのです。

 

このように、神経細胞の情報伝達がスムーズに機能していないと免疫細胞そのものの働きが低下するうえに精神状態が不安定になることで免疫力を低下させてしまうという二重の意味で大きな影響が及びます。

 

それだけにカルシウムを日ごろから不足しないようしっかりと補っていく必要があるのです。

 

もともとカルシウムはそのほとんどが骨と歯に蓄積されており、血中の濃度が不足すると溶け出して補う働きがあるのでそれほど不足が問題になることはありませんが、現代人はカルシウムの摂取量が不足しがちといわれており、慢性的に摂取量が足りない状況が続いていると免疫力の低下の原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

病気ではないけれどもどうも調子が悪い、そんな「未病」の方もカルシウムの摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。

コスメルジュ編集部が選んだカルシウムサプリ

人気のカルシウムサプリ

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

製薬会社だから配合できた希少成分!注目のMBPを牛乳4本分配合したサプリ
3500円・税別/定期初回1,000円(2回目以降10%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!
健康家族 食べる葉酸・カルシウム
カルシウムサプリ選び方健康家族

ヨーグルト風味で食べやすい!定着率・吸収率アップに優れたカルシウムサプリ
2,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ワダカル いちごカルシウム

ワダカル いちごカルシウム

お母さんに大好評!2粒で牛乳ビン1本分のカルシウムが摂取できるいちご味サプリ
1,296円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!