カルシウム不足が招く病気-糖尿病-

糖尿病のリスクをどう減らすかが社会全体の大きなテーマとなっていますが、じつはこの病気にはカルシウムの不足も関わっています。

インスリンの分泌と深く関わっているカルシウムは不足すると血糖値が上昇してしまう

カルシウムが不足する状態が慢性化すると糖尿病の発症リスクが増加してしまうのです。

 

糖尿病といえばメタボリックシンドロームと結びつけて考えられることも多く、食べすぎや肥満が原因で起こる、あるいは甘いものばかりを食べていると起こるといったイメージがもたれています。

 

確かにそうした面も持っているわけですが、もっと重要なのはインスリンの働きがどうなっているのか、です。

 

すい臓から分泌されて血糖値を保つ働きを持つこのインスリンの分泌が少なくなる、あるいは働きが低下すると血糖値が上昇し糖尿病のリスクが増加するのです。

 

そしてカルシウムはこのインスリンの分泌と非常に深く関わっています。カルシウムにはブドウ糖が多くなってインスリンが必要になるから分泌しろ、とすい臓に働きかける役割が備わっています。

 

ブドウ糖はエネルギーの源となる非常に重要な成分です。摂取したブドウ糖がエネルギーに変換されれば血糖値が上昇することはありません。

 

ですから食事の量や糖分の摂取量が多い人でもエネルギーへの変換がしっかり機能していれば糖尿病になるリスクが少ないのですが、逆にこの変換がうまく機能していないとリスクが増大します。

 

このブドウ糖のエネルギーへの変換を促すのがインスリンなのです。そのため糖尿病になりやすいか、発症リスクが高いかどうかはインスリンの分泌や働きに影響されると考えられています。

カルシウム単体ではなくビタミンDと併せて摂取することで糖尿病の予防効果が期待できる

こうした糖尿病をもたらすメカニズムを考えてもカルシウムがいかに重要な役割を担っているかがうかがえます。

 

カルシウムが不足することで必要なときに必要な量のインスリンが分泌されるのが難しくなってしまうと血糖値が上昇しやすくなり、糖尿病のリスクが増大してしまうわけです。

 

ですからインスリンの分泌状況を維持するためにも日ごろからカルシウムの摂取が求められるわけですが、近年の研究ではカルシウム単体ではなくビタミンDと併せて摂取することで糖尿病の予防効果が高まることが明らかになっています。

 

もともとビタミンDはカルシウムの吸収を高める働きがあることで知られていますが、インスリンの分泌を正常化するという点においてもとても相性のよい組み合わせということに成ります。

 

血糖値を気にして食事制限を行っている方も多いでしょう、そんな方はカルシウムとビタミンDの摂取による予防も心がけてみてはいかがでしょうか。

コスメルジュ編集部が選んだカルシウムサプリ

人気のカルシウムサプリ

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

製薬会社だから配合できた希少成分!注目のMBPを牛乳4本分配合したサプリ
3500円・税別/定期初回1,000円(2回目以降10%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!
健康家族 食べる葉酸・カルシウム
カルシウムサプリ選び方健康家族

ヨーグルト風味で食べやすい!定着率・吸収率アップに優れたカルシウムサプリ
2,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ワダカル いちごカルシウム

ワダカル いちごカルシウム

お母さんに大好評!2粒で牛乳ビン1本分のカルシウムが摂取できるいちご味サプリ
1,296円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!