カルシウムと骨の関係-意外に知らないカルシウムの働き

カルシウムが体にどんな働きをするか、といわれるとほとんどの方が「骨を丈夫にする」と答えるのではないでしょうか?

カルシウムは神経細胞の伝達をスムーズにしたり、インスリンの分泌を促すなどの働きを担う

それくらいカルシウムと骨の関係はよく知られていますが、では具体的にどのような関係があるのか、カルシウムが骨に対してどのような働きをするのか、意外に知られていないのではないでしょうか?

 

カルシウムは神経細胞の伝達をスムーズにしたり、インスリンの分泌を促すなどほかにもさまざまな役割を担っています。

 

そのため不足すると情緒不安定や筋肉の痙攣、糖尿病のリスクの増加といったトラブルの原因にもなるのですが、じつはこうした役割は体の含まれるカルシウムのうちたった1パーセント程度が担っているのです。残りの99パーセントはどうしているのかというと骨と歯に蓄積(貯蔵)されています。

 

この蓄積されているカルシウムによって丈夫な骨と歯が維持されるわけです。

 

とくに骨はリモデリングと呼ばれる新陳代謝を繰り返しています。成長期が過ぎたらずっと骨は同じ状態のままではなく、皮膚と同じように新陳代謝によって新しく生まれかわり続けているのです。

 

古い骨が破骨細胞によって壊されているのを「骨吸収」、壊された部分に新しい骨が作られていくのを「骨形成」と呼んでいますが、この骨形成の段階でカルシウムがとても重要な役割を担っているのです。

 

カルシウムが不足すると骨がうまく作られなくなり、骨吸収に対して骨形成が間に合わなくなって骨がスカスカでもろくなっていくのです。

血中のカルシウム濃度が減少すると貯蔵されているカルシウムが溶け出し体全体の不調に

また、カルシウムの不足は骨形成だけでなく体全体のメカニズムにも影響を及ぼします。

 

カルシウムは骨と歯に「貯蔵」されていると書きましたが、血中のカルシウム濃度が減少するとその貯蔵されているカルシウムが溶け出してそれを補う機能が働くのです。

 

そのため血中のカルシウム濃度が低くなることは少ないのですが、溶け出す分が多くなればなるほど骨と歯がもろくなっていきます。

 

つまりカルシウムの不足は骨形成だけでなく骨に含まれているカルシウムが溶け出してしまうことでも影響を及ぼすのです。

 

それだけに成長期だけでなく大人になってからもカルシウムをしっかりと摂取していける環境が欠かせません。そして日ごろの食生活やサプリメントで摂取する場合にはカルシウムの吸収率を高めるビタミンDと合わせて補うのがオススメです。

 

このビタミンDは紫外線を浴びることで体内で形成されるビタミンなので日光を浴びる機会を作るのも忘れないようにしましょう。

 

とくに高齢者は骨の密度が低下していくうえに外出の機会が減ってビタミンDが不足するケースが多いので気をつけましょう。

コスメルジュ編集部が選んだカルシウムサプリ

人気のカルシウムサプリ

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

大正製薬のカルシウム&コラーゲン

製薬会社だから配合できた希少成分!注目のMBPを牛乳4本分配合したサプリ
3500円・税別/定期初回1,000円(2回目以降10%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!
健康家族 食べる葉酸・カルシウム
カルシウムサプリ選び方健康家族

ヨーグルト風味で食べやすい!定着率・吸収率アップに優れたカルシウムサプリ
2,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ワダカル いちごカルシウム

ワダカル いちごカルシウム

お母さんに大好評!2粒で牛乳ビン1本分のカルシウムが摂取できるいちご味サプリ
1,296円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!